Air Guardian® シリーズ

紫外線C波空気除菌装置

Air Guardian® Mini
Vk0401D

エアガーディアンミニ

Air Guardian®
Vk0601D

置き型

Air Guardian®
Vk0601A

縦型

Air Guardian® Vk2002A

大型床置きタイプ

新発想の「会話空間」空気除菌!

会話空間」に排出されたエアロゾルをその場で吸い込みすばやく除菌します。

新技術は「特許申請中」!

紫外線を漏らさずに効力を高める「新技術」は独立行政法人国立病院機構と共同で特許申請中です。

新発想の「会話空間」空気除菌

なぜ今、「会話空間空気除菌なのでしょう?
”空間除菌”の盲点をカバーする新発想で、あなたと、あなたの大切な人を守ります。

会話空間がハイリスクゾーン

エアロゾルは平常時の会話で一人の人から1分間に約1,000個が放出されると言われています。

マスクをしていても、パーティションをしていても、エアロゾルは会話の間中、放出されて空中を漂い続けます。

ウイルス濃度が高いところ、そこがリスクゾーン
「会話空間」こそがハイリスクゾーンなのです。

会話空間」の空気を浄化し守る

数時間も室内を浮遊すると言われるウイルス。Air Guardian®︎なら、会話空間へウイルスが侵入しても即座に除菌し、あなたとあなたの大切な人を守ります。

会話空間を清浄な空気で満たして、豊かなヒューマンライフを取り戻しましょう。

「会話空間」空気除菌についてもっと読む

新技術で驚きの能力!

紫外線C波で99.9%除菌

紫外線C波は非常に強力な殺菌効果を持った磁力線です。

装置内を通る空気を瞬時に除菌します。

<実験結果を基に算出した理論値>
紫外線灯 発光イメージ
装置内筒内 紫外線多重反射イメージ

国立病院機構との特許共同出願中

Air Guardian®︎は、空気の流れを工夫した内部構造によって紫外線を外に漏らさず、多重反射させることで紫外線の効力を高めています。除菌効果は単純放射の約3倍!

この仕組みは新技術として国立病院機構と特許共同で出願中です。

実証された能力

Air Guardian®の効果は、浮遊菌とウイルスを使って殺菌(不活化)の性能試験を行い、実証されています。

  • 浮遊大腸菌殺菌試験:食環境研究所 
  • 浮遊インフルエンザウイルス不活化試験:国立病院機構仙台医療センター
  • 浮遊人コロナウイルス不活化試験:国立病院機構仙台医療センター
浮遊菌の除菌試験(1㎥チャンバー)

実証試験について詳しく読む

よくある質問

Air Guardian®︎と一般的な空気清浄機の違いは何ですか?

Air Guardian®︎は「会話空間」の空気除菌に着目した「新発想」の製品です。強力な殺菌効果を持つ紫外線C波を漏らさずに、効力を高める「新技術」により、安全で強力に除菌します。設計・製作・使用している紫外線灯も、本体も、安心の日本製です。

Air Guardian®︎はどこで使えますか?

DCアダプター形式ですので、電源プラグのある室内・DC電源のある車内でご使用いただけます。会話空間タイプ(ミニ、置き型、縦型)と大空間タイプがありますので、用途に合わせてお選び頂けます。

なお、詳しい商品の詳細はこちらからご確認いただけます。

Air Guardian®︎の安全性はどうなっていますか?

Air Guardian®︎は紫外線C波を利用した空気除菌装置です。頑丈なスティール製の2重構造と、空気の流れを工夫した内部構造により紫外線を外に漏らしません。また、スティール素材は紫外線で劣化することがないため、安全にご利用いただけます。

なお、安全性についての詳細はこちらからご確認いただけます。

効果は確かなのでしょうか?

Air Guardian®は国立病院機構との共同開発です。
殺菌や不活性化の効果は目で見て確認することができません。それゆえ、信頼できる研究所での実証試験が不可欠です。空気中に浮遊している大腸菌・インフルエンザウイルス・人コロナウイルスで実験を行い、Air Guardian®の高い除菌効果が実証されています。

なお、実証試験の詳細や結果はこちらからご確認いただけます。

ご利用例

Whats’s New

coming soon!

MENU